格ゲーチェッカー

対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報をお届け。ゲームセンターやeスポーツ、プロゲーマーも応援しています。
2018年11月13日
8コメントを見る 別窓 ツイッター反応

台湾 対戦ゲーム世界大会「10th Esports World Championship」結果

img

台湾・高雄(カオション)で2018年11月9日(金)から11日(日)にかけて開催された対戦ゲームの世界大会「10th Esports World Championship(第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ)」の結果です。※当サイトでは鉄拳7部門を中心に扱っています。

Esports World Championshipは国際eスポーツ連盟(IeSF)が主催するイベント。IeSFには日本eスポーツ連合(JeSU)が日本の代表団体として加盟しています。※11/17追記:11/10に正会員となったことが発表されています

第10回大会はMOBA『League of Legends(LoL)』、FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CSGO)』、格闘『鉄拳7』の3種目と、デモンストレーションとして『モンスターストライク(モンスト)』が実施。『鉄拳7』には東京ゲームショウ2018の「鉄拳プロチャンピオンシップ日本代表決定戦」で優勝したキング使いの破壊王選手が日本代表選手として出場します。

※11/13追記:結果を記載。

配信先・録画

10th Esports World Championship 鉄拳7部門 結果

順位 選手
優勝 img サウジアラビア Sora(仁)
準優勝 img 日本 破壊王(キング/ギース)
3位 img 韓国 Chanel(エリザ/アリサ/アンナ)
4位 img インド TEJAN(飛鳥/アリサ/ジャック7)
5位タイ img フィリピン AK(シャヒーン)
5位タイ img スイス KiraKira(エリザ)
5位タイ img インドネシア Meat(キング/シャヒーン/スティーブ)
5位タイ img オーストラリア Dee-on Grey(ジャック7/ギース)

参加者数:32名(招待選手のみ) / トーナメント表:Challonge / 録画:ツイッチ(決勝戦は6時間22分辺りから)

日本の破壊王選手は準決勝で韓国の強豪Chanel選手に勝利。続く決勝戦、サウジアラビアのSora選手との試合、4-2と先にリーチをかけたのは破壊王選手でしたが、Sora選手が3連勝で逆転。鉄拳7部門優勝はサウジアラビアのSora選手、日本の破壊王選手は準優勝となりました。

Sora選手はTWTへの参加はあまり見られないものの、7月のサウジアラビア・Manga Conイベントに招待されていたAO選手や刈選手に野試合で勝ち越し、8月には日本のTokyo Tekken Masters 2018に参加し17位タイという結果を残しており、今後も要注目の選手。

国別で日本は韓国、フィンランド、サウジアラビア、スウェーデンに続く5位に

大会経過

鉄拳7部門 Top8
  • img 韓国 Chanel(エリザ/アリサ) vs img フィリピン AK(シャヒーン)
  • img 日本 破壊王(キング/ギース) vs img スイス KiraKira(エリザ)
  • img インド TEJAN(飛鳥/アリサ/ジャック7) vs img インドネシア Meat(キング/シャヒーン/スティーブ)
  • img サウジアラビア Sora(仁) vs img オーストラリア Dee-on Grey(ジャック7/ギース)

続きは11月11日(日)15:30開始予定。トーナメント表

鉄拳7部門 Top16
トーナメント左側
  • img Chanel [A1位] vs img RuRColdHeart [H2位]
  • img AK [E1位] vs img AFK [D2位]
  • img 破壊王 [C1位] vs img DanBanter [F2位]
  • img KiraKira [G1位] vs img Cyrax [B2位]
トーナメント右側
  • img Ball [B1位] vs img TEJAN [G2位]
  • img ZABA [F1位] vs img Meat [C2位]
  • img Jopelix [D1位] vs img Sora [E2位]
  • img Dee-on Grey [H1位] vs img Nindo [A2位]

大会経過(IeSFツイッター)

鉄拳7部門 グループ組み合わせ(Top32→16)
  • グループA:img エジプト、img チュニジア(2)、img 韓国(Chanel)(1)、img イタリア(DanielMado)
  • グループB:img ナミビア、img イスラエル(SoliD StonE※前回5位)、img タイ(1)、img スウェーデン(2)
  • グループC:img モルディブ、img インドネシア(MEAT)(2)、img 日本(破壊王)(1)、img ベトナム
  • グループD:img フィンランド(Jopelix)(1)、img レバノン、img ポルトガル、img イラン(2)
  • グループE:img 台湾、img フィリピン(AK)(1)、img 南アフリカ、img サウジアラビア(Sora)(2)
  • グループF:img ルーマニア、img マレーシア(ZABA※前回5位)(1)、img マカオ、img ニュージーランド(DanBanter)(2)
  • グループG:img スイス(KiraKira※前回3位)(1)、img オーストリア、img ロシア(Toko)、img インド(TEJAN※前回5位)(2)
  • グループH:img オーストラリア(Dee-on Grey)(1)、img スリランカ、img ジョージア、img セルビア(2)

※順不同。カッコ付きは注目選手出場国。間違いや抜けもたくさんあると思いますがご容赦ください。(1)…1位通過、(2)…2位通過。

大会概要

日程

2018年11月9日(金)~12日(月)※メイン競技は11日(日)まで

会場

台湾・高雄

大会種目
  • メイン競技:(格闘)鉄拳7、(MOBA)LoL、(FPS)CSGO
  • デモンストレーション競技:(ARPG)モンスト
大会形式

鉄拳7は予選グループ2先、Top16以降4先、準決勝以降5先。3決あり。

日本時間タイムスケジュール(24時間表記)

現地時間+1時間=日本時間

※スケジュールは事前情報から追加・変更等あるようですので、イベント公式サイト(中国語)もあわせてご確認ください。

1日目
  • 11月9日(金)12:00 (TWF)★鉄拳7 予選 ※おそらく録画のみ
  • 11月9日(金)20:00 (メイン)(開会式&蕭敬騰演唱)
  • 11月9日(金)21:00 (メイン)★鉄拳7 予選(グループE「台湾 vs フィリピン」、グループC「モルディブ vs ベトナム」の2試合)
  • 11月9日(金)22:00 (メイン)LoL 予選
  • 11月9日(金)23:00 (メイン)(Matzka演唱)
2日目
  • 11月10日(土)14:00 (メイン)LoL Top16
  • 11月10日(土)14:00 (サブ)CSGO Top8
  • 11月10日(土)12:00 (TWF)★鉄拳7 予選
  • 11月10日(土)17:30 (メイン/サブ)(八三夭演唱)
  • 11月10日(土)16:00 (TWF)★鉄拳7 Top16
  • 11月10日(土)18:00 (メイン)★鉄拳7 Top16
  • 11月10日(土)19:00 (メイン)CSGO Top4
  • 11月10日(土)19:00 (サブ)LoL Top8
  • 11月10日(土)22:30 (メイン)(周興哲演唱)
3日目
  • 11月11日(日)14:00 (メイン)CSGO 決勝戦
  • 11月11日(日)14:00 (サブ)CSGO 3位決定戦
  • 11月11日(日)15:30 (TWF)★鉄拳7 Top8
  • 11月11日(日)17:00 (TWF)★鉄拳7 Top4
  • 11月11日(日)18:30 (サブ)(HEBE演唱)
  • 11月11日(日)19:00 (メイン)★鉄拳7 決勝戦
  • 11月11日(日)19:00 (メイン)LoL 決勝戦 ※更新されたスケジュールでは確認できず
  • 11月11日(日)19:00 (サブ)LoL 3位決定戦
  • 11月11日(日)23:00 (メイン)(閉会式&田馥甄演唱)
4日目
  • 11月12日(月)19:00 モンスト

※実施時間と配信時間がある場合、基本的に配信時間を掲載しています。カッコ内は配信先。
※スケジュール参考:イベント公式サイトJeSUイベント記事

参加選手情報
鉄拳7注目選手

※上記組み合わせ欄参照

その他種目日本勢参加選手
  • CSGO:SCARZ Absolute
  • モンスト:JAPAN RED、JAPAN BLUE ※それぞれイベント用の合同チーム
  • LoL:(派遣無し)
賞金・賞品
各部門賞金額
  • CSGO部門:20,000ドル
  • LoL部門:20,000ドル
  • 鉄拳7部門:4,000ドル

大会総額54,000ドル(約610万円)。

鉄拳7部門内訳
  • 1位:2000ドル(約22万円)
  • 2位:1200ドル
  • 3位:800ドル

総額4000ドル(約45万円)。

その他
  • 総合ポイント1位国:10,000ドル(約113万円)
PV・告知等
観戦ガイド・選手情報リンク

ツイッターリスト

※他の海外大会へ遠征中の選手と共通の場合があります。

関連URL

※その他参考:ファミ通AppVSROX Gaming


シェア:
ソース:
10th Esports World Championship 2018 @ Kaohsiung
関連記事:


コメントする

名前:

コメント:

コメント欄のガイドライン

名無しのちえつかさん
8 ID:emPhJeL2

モンストとかさっさと締め出せ!!

名無しのちえつかさん
7 ID:/viXfXmK

モモモモモモモモモモモモモモモモンストwwwwwwwwwwwwwwwwww

名無しのちえつかさん
6 ID:f1vyeeGW

トーナメント表あったんだね
運営のゲマビのチャロンジにあった
ttps://challonge.com/t49fnbb3

名無しのちえつかさん
5 ID:eTslFPt.

soraおめでとー
まぁ実力通りsoraが優勝するよね
もっと海外大会出て盛り上げてくれよ!

名無しのちえつかさん
4 ID:eTslFPt.

サウジアラビアのSoraが優勝すると思うよ
鉄拳は世界中に強豪がいるからなー
リセットしないことで逆に世界のレベルが拮抗するという現象

名無しのちえつかさん
3 ID:emPhJeL2

ぷよぷよはないの?

名無しのちえつかさん
2 ID:O2BWWF9C

Eブロックのサウジは刈さんに10-0つけた仁使いのSoraが出てるな

名無しのちえつかさん
1 ID:n1Ct9.Pq

Aブロック:韓国代表シャネル(いっぱい)、イタリア代表DanielMado(Berlin Tekken Clash4位)
Bブロック:タイ代表Ball(TGUベスト16)
Cブロック:日本代表破壊王、インドネシア代表MEAT(TGU7位タイ、オンライン東南アジア2位)
Dブロック:フィンランド代表Jopelix(Headstomper3位)
Eブロック:フィリピン代表AK(いっぱい)
Fブロック:マレーシア代表ZABA(FVマレーシア7位タイ)、ニュージーランド代表Dan Banter(オンラインニュージーランド優勝)
Gブロック:インド代表TEJAN(SEAM3位)、ロシア代表Toko(Moscow Fighting Arena優勝、オンライン東ヨーロッパ優勝)
Hブロック:オーストラリア代表Dee-on Gray(FVマレーシア5位タイ、オンラインオーストラリア優勝)

とりあえず各ブロックの注目選手をまとめた


コメントする

名前:

コメント:

コメント欄のガイドライン


▲ページ先頭へ▲