格ゲーチェッカー

対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報をお届け。ゲームセンターやeスポーツ、プロゲーマーも応援しています。
2019年11月19日
33 コメント 別窓 ツイッター反応

新旧EVO王者が激突。『ソウルキャリバー6』「デコポン vs ゆっとと」10先 結果

img

2019年11月19日(火)東京 Red Bull Gaming Sphere Tokyoで開催される『ソウルキャリバー6』の長期戦イベント「ソウルキャリバー6 デコポン vs ゆっとと 10試合先取マッチ -Undying Legend-」のメモです。


※11/21更新:結果を記載。


ゆっとと選手(画像右)は、EVO 2019・ソウルキャリバー6部門での優勝も記憶に新しい、「ヴォルド」を使う若きトッププレイヤー。対するデコポン選手(画像左)は、7年前のEVO 2012・ソウルキャリバー5部門にて「ティラ」を操り優勝、現在は“6”の開発側に立場を変えて活躍しているレジェンドプレイヤー。EVO(World)でソウルキャリバーが採用されたのは、2012年の次が2019年のため、ゆっとと選手はデコポン選手に続くEVO王者ということになります。

両名ともトッププレイヤーとして知られているものの、やり込んでいた時期が重なっていなかったため、これまで対決には至らず。それが“6”を舞台に、遂に実現することになります。

おそらく今回限りであろう対決に、「現役トップ vs レジェンド」、そして「プレイヤー vs 開発」のガチバトルとしても注目のイベントになりそうです。

配信先・日程

続きを開く

配信先・録画
タイムスケジュール(24時間表記)
  • 11月19日(火)19:00 開始予定

※配信先・日程参考:イベント公式サイト

ソウルキャリバー6 デコポン vs ゆっとと 10試合先取マッチ -Undying Legend- 結果

プレイヤー1234567891011121314151617結果
デコポン133221231130333117
ゆっとと3013333133130123310

録画:YouTube

キャラクターは固定ということのみで各自の使用キャラクターは事前には公表されていませんでしたが、お互いがメインキャラクターと言える、デコポン選手がティラゆっとと選手がヴォルドを選択。

ティラは主に2つのバトルスタイルを行き来する(行き来してしまう)「サイドチェンジ」が特徴的なキャラクター。一方のヴォルドも、背中を向けながらも自在に戦うことができる、お互いトリッキーなキャラクター同士の対決となりました。

放送によれば使用率も低いキャラ同士。しかし、PVで「全部のキャラクターを使って全一になりたい」と話すゆっとと選手と、開発側のデコポン選手ということで、お互い対策に抜かりはなかったことでしょう。

グルーミーサイドやより強力なグルーミーサイド・コーダを目指し、様々な手段でサイドチェンジを狙うデコポン選手に対し、接近戦へ持ち込んだり、本作ではボタン同時押しで即座に出せるようになったクリティカルエッジを使いその隙を与えないゆっとと選手。

試合はゆっとと選手ペースで、7-3と最大4試合差まで開きます。そこからデコポン選手も追い上げ、8-7と1試合差まで追いつく粘りをみせますが、最後はゆっとと選手が2連勝、10-7でゆっとと選手の勝利となりました。

img

※遂に実現した「ゆっととヴォルド vs デコポンティラ」

img

※新時代のトッププレイヤー・ゆっとと選手

img

※開発ではなく完全にプレイヤー顔のレジェンド・デコポン選手

img

※細かい牽制でティラを自由にさせないゆっととヴォルドも印象的だった

img

※デコポンティラが壊れる壁を利用したコンボでリングアウトKOまで

開始前はおそらく多くの方が、「現役でやり込んでいるゆっとと選手にプレイヤー代表として勝ってほしい」「でも、デコポン選手がやっぱり強いという所も見たい」という2つの気持ちだったのではないでしょうか。結果として、そのどちらも叶えてくれた戦いになりました。

ただでさえ意見の飛び交いやすいキャラクター調整に燃料を与えることになりかねないイベント。例えば、もしティラというキャラクターへのプレイヤー評価が高かったとしたら、同じ雰囲気にはならなかったでしょう。そして、今回以上の戦う理由を見出すのは簡単なことではないと思いますが、またどこかでデコポン選手の活躍が見られることを期待したいです。

試合後のゆっとと選手

デコポン選手

10先の後に発表されたシーズン2アップデート詳細についてはこちらに別途記事を掲載しました。

大会概要

続きを開く

日程

2019年11月19日(火)

会場

東京 Red Bull Gaming Sphere Tokyo

大会種目(エントリー数)

キャリバー6

大会形式

10先、キャラ固定

現地観戦

入場無料

観戦ガイド・選手情報リンク
PV・告知等

関連URL


2012年は、まだトピック記事を書いていない頃というのが悔しいですが、“5”の一年目で、デコポン選手が優勝したEVOや、「キャリバー勢 vs 他ゲー勢」イベントも強く印象に残っています。


シェア:
ソース:
”『ソウルキャリバー6』デコポンvsゆっとと”は11月19日19時開戦。2人の世界王者が世代を超えて激突! - 電撃オンライン
関連記事:


コメントする

名前:

コメント:

※12/12現在、コメントの書き込みに失敗する現象を確認しています。ご不便をおかけします。
コメント欄のガイドライン

名無しのちえつかさん
33
2019年11月21日 15:08 ID:rS3msk0u

DOA6でもやってほしい10先企画

名無しのちえつかさん
32
2019年11月20日 14:19 ID:IKLPy2Ha

今後も定期的にやって欲しい

名無しのちえつかさん
31
2019年11月20日 03:12 ID:rCard.W6

一人でキャラの調整を決定してるわけねえだろ

名無しのちえつかさん
30
2019年11月20日 02:52 ID:WnV0khvi

今回の試合を見て思ったのは
デコポンは開発にいない方が良いってことだな・・・

自分のプレイヤースキルを中心として見ていて
元持ちキャラでもあるティラに対して、正しくキャラ調整が全く出来ていない

名無しのちえつかさん
29
2019年11月20日 01:04 ID:dYRKMRYW

デコポン戻ってきてほしい

名無しのちえつかさん
28
2019年11月19日 23:17 ID:BCyB1NAa

デコポンがバンナム開発チーム入りして競技者じゃなくなってしまったのはやっぱり勿体ないなと見ててつくづく思った

名無しのちえつかさん
27
2019年11月19日 21:28 ID:Oa3SxUAa

開発発表も含めていい配信だった

名無しのちえつかさん
26
2019年11月19日 21:21 ID:8Ah/Z5xK

すげえ試合だったよマジで
シーズン2の調整も気合入ってるみたいだしキャリバーにはもっと人が流れてほしい

名無しのちえつかさん
24
2019年11月19日 20:45 ID:JGErmrhy

はー、すごかった

名無しのちえつかさん
23
2019年11月19日 20:39 ID:weSkQx1i

なんでティラがあんな弱く調整されてるのかわかったわw

名無しのちえつかさん
25
2019年11月19日 20:54 ID:0g1Ezr02
名無しのちえつかさん
なんでティラがあんな弱く調整されてるのかわかったわw

デコポンのあの動きは真似できるようなもんじゃないから、ほんと困るよ…

名無しのちえつかさん
22
2019年11月19日 20:28 ID:A00nO8pa

素晴らしいね

名無しのちえつかさん
20
2019年11月19日 17:25 ID:eRuV2F9W

今日だああああ!!

名無しのちえつかさん
19
2019年11月19日 16:57 ID:.7nTl.US

あの時はやってないキャリバーでも見てたな
今はEVOもチラ見するだけになっちまった

名無しのちえつかさん
18
2019年11月16日 06:55 ID:weSkQx1i

デコポンってまだ20代でしょ。あんなに強かったのに表舞台で活躍できないのは可哀想な気がするわ。アラフォーおじさんがプロやってる時代なのに。

名無しのちえつかさん
15
2019年11月15日 21:11 ID:/MKrhK6i

確かに今のゆっとと君は最強すぎてひどいマッチアップに思えるかもしれないけど、デコポンの強さを知ってたら「全然ある」と思ってしまう。
ありゃ人間じゃない

名無しのちえつかさん
14
2019年11月15日 18:01 ID:gxXocm76

カミングスーン

名無しのちえつかさん
13
2019年11月15日 17:02 ID:WnV0khvi

これってシリーズ変わってるから微妙じゃない?
3rdEVO優勝のヌキさんと、5EVO優勝のボンちゃんが対戦するようなもんでしょ

なんかシステムとかキャラの強さとかバラバラ過ぎて
正直今のEVO優勝者に有利な条件過ぎて企画倒れな気がするんだが・・・
ちゃんとプロレス考えて出来ないとしらけるまである

名無しのちえつかさん
16
2019年11月15日 23:30 ID:.VoLT1tq
名無しのちえつかさん
これってシリーズ変わってるから微妙じゃない?
3rdEVO優勝のヌキさんと、5EVO優勝のボンちゃんが対戦するようなもんでしょ

なんかシステムとかキャラの強さとかバラバラ過ぎて
正直今のEVO優勝者に有利な条件過ぎて企画倒れな気がするんだが・・・
ちゃんとプロレス考えて出来ないとしらけるまである

デコポンは6の開発に関わってるからそこまで極端にゆっととが有利って訳でもない
5から見てる身としては、6でデコポンが開発に回ってプレイヤーとしては見られなかったから嬉しい

名無しのちえつかさん
17
2019年11月16日 00:08 ID:.VoLT1tq
名無しのちえつかさん
デコポンは6の開発に関わってるからそこまで極端にゆっととが有利って訳でもない
5から見てる身としては、6でデコポンが開発に回ってプレイヤーとしては見られなかったから嬉しい

嬉しいってのはデコポンの試合が見られてってことです
念のため

名無しのちえつかさん
12
2019年11月15日 01:55 ID:S65MnNEC

楽しみだなぁ

名無しのちえつかさん
11
2019年11月13日 21:21 ID:dYRKMRYW

ティラ使うのかな?楽しみ

名無しのちえつかさん
10
2019年11月13日 18:31 ID:ChGWX4NC

最近のキャリバーの中で一番アツいイベント
めちゃくちゃ楽しみ

名無しのちえつかさん
9
2019年11月13日 13:16 ID:eRuV2F9W

うわー、見たいわ

名無しのちえつかさん
8
2019年11月13日 11:48 ID:qDgZtZGS

ティラ使ってて折れた口なので、上級者のティラ攻略を見られるだけで嬉しい
ゲームの攻略的にも興行的にも最高のイベントだと思う

名無しのちえつかさん
7
2019年11月13日 11:27 ID:CvY..MzW

開発に関わってるとなると普通の大会への参加は難しいから、こういう形で現役の最強プレイヤーとガチ勝負できるって絶対嬉しいだろうなぁ

名無しのちえつかさん
6
2019年11月13日 07:53 ID:weSkQx1i

獣道やおじリーグもそうだったけど
スポーツ的な公正さの追求よりもこういうプロレス的なアングル作ってやった方がエンタメとしては面白いと思うんだけどな
もちろん真剣勝負でやることは前提の上だけど。

名無しのちえつかさん
21
2019年11月19日 18:43 ID:mtjy1.5u
名無しのちえつかさん
獣道やおじリーグもそうだったけど
スポーツ的な公正さの追求よりもこういうプロレス的なアングル作ってやった方がエンタメとしては面白いと思うんだけどな
もちろん真剣勝負でやることは前提の上だけど。

でもそれはツアーとかで頻繁に大会見る機会があるから思う事だと思う
こういうのばっかりで大会がなくなったら逆の事思うだろうし

名無しのちえつかさん
5
2019年11月13日 04:09 ID:8Ah/Z5xK

デコポンなつい
ティラの性格管理が完璧過ぎて引いた記憶がある

名無しのちえつかさん
4
2019年11月13日 01:59 ID:TvDPWekC

大会が多い時期は難しいだろうけど10先のような長期戦は最も実力が出る勝負でありかかるプライドも段違いだからもっとやって欲しい
興行としてもボクシング的に演出することでより盛り上がるものになる

名無しのちえつかさん
3
2019年11月12日 21:55 ID:3BhO.R6K

ソウルキャリバー全然わからんけど面白そう

名無しのちえつかさん
2
2019年11月12日 19:08 ID:CheKidXO

10先企画増えないかな。長期戦好きなんだが

エビマヨ
1
2019年11月12日 18:35 ID:SqpqOsW2

獣道


コメントする

名前:

コメント:

※12/12現在、コメントの書き込みに失敗する現象を確認しています。ご不便をおかけします。
コメント欄のガイドライン


▲ページ先頭へ▲