格ゲーチェッカー

対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報をお届け。ゲームセンターやeスポーツ、プロゲーマーも応援しています。
2020年10月15日
ツイッター反応

SBI e-Sportsが、スマブラのKEN選手とのプロ契約を発表。報酬は仮想通貨「XRP」で支給

img

SBI e-Sportsが2020年10月15日、同社の運営する同名のゲーミングチーム・SBI e-Sportsにおいて、『大乱闘スマッシュブラザーズ』部門の発足を発表。あわせてKEN選手とのプロフェッショナル契約を行ったことを発表した。

KEN選手は『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおいて、主に「ソニック」を使い、数々の大型大会で優勝、上位入賞しているトッププレイヤーの一人。

所属先のSBI e-Sportsは、金融サービスを手がけるSBIホールディングスが2020年6月に設立した企業。チームには、暗号資産(仮想通貨)の販売所および取引所を運営する「SBI VCトレード」がスポンサーに就いており、希望する選手への年俸を暗号資産(仮想通貨)「XRP(リップル)」で支払うことを発表していた。KEN選手も「XRP」で年俸が支給されることが明らかにされている。

暗号資産(仮想通貨)は価格の上下変動も大きく、まだ安定した資産とは言いづらい状況にある。GMOコインによれば、2018年1月頃には1XRP辺り300円近い価格を付けたこともあったが、2020年10月15日現在は1XRP辺り25円ほどとなっている。

しかし、eスポーツ、暗号資産(仮想通貨)、どちらも新しい分野として今後爆発的に広まる可能性を秘めており、両方を兼ねた注目のチームとなることは間違い無さそうだ。KEN選手のファンからは、その活躍に加えて、XRPの相場も語られて行くことになるのだろうか。

※その他参考:SBIホールディングスリリース(6月)同(9月)

このページをシェア:
ソース:
SBIe-Sports株式会社 - eスポーツという新しい文化を創る
関連記事:

※こちらの記事はコメント欄をオフに設定しています。詳しくはこちら


▲ページ先頭へ▲