格ゲーチェッカー

対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報をお届け。ゲームセンターやeスポーツ、プロゲーマーも応援しています。

コメント一覧

コメント欄非表示

コメントする

名前:

コメント:

サイトから皆さんへのお願い:否定的なコメントになりそうなら最低限その理由を、多くの場合「~して欲しい」形式で書いてくれると皆が幸せになります
コメント欄のガイドライン

※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
2
2020年11月28日 07:03 ID:i7y8VJdq [X]

格ゲーの定義は人それぞれで、永遠のテーマですが
当サイトではスマブラは扱い、ガンダムvsは扱わないのは
後者は格ゲー外の作品という認識ですか?

以下、格ゲーチェッカーサイトによるコメントです:
(11/29更新) ありがとうございます。サイト的にかなりセンシティブな話題なので、長文になってしまいすみません。

先に回答から書くと、ガンダムVSは仰られる通り、格ゲーチェッカーで言う「格闘ゲーム」には含まれない作品という認識です。そして、スマブラも、「格闘ゲーム」とは差を付けて扱っています(配信一覧・トピック・イベント情報いずれにおいても)。

スト5もスマブラもガンダムVSもワンパンマンもくにおくんも各種格闘技のゲームも、“格闘するゲーム”ではあるので、広義においては全て「格闘ゲーム」と呼んでも間違いではないと思います。

ただ、格ゲーチェッカーで言う「格闘ゲーム」は、スト2のブームにより確立され、今も続く“対戦型格闘ゲームジャンル”の略称としての「格闘ゲーム(ジャンル)」となります。

格闘ゲーム(ジャンル)を構成する要素は色々あると思いますが、思い当たるだけでも、「1vs1」「対戦相手と画面は共通」「主に打撃を使った技を出し合う」「常に1ライン上で相対することを前提とした操作形態」「体力ゲージを先に0にした方が勝ち」という辺りは、スト2から最新作のグラブルVSまで変わっていないゲームシステムです(もちろん例外はあります)。

このことから、少なくとも大きくルールの異なるガンダムVSについては扱わなくて良いだろうと思っています。

スマブラも、近い部分はあるものの、「多人数同時対戦」「画面外へ吹き飛ばしたら勝ち」という格闘ゲーム(ジャンル)とは異なるルールで、最近はBrawlhallaやRivals of Aetherといった類似作品とスマッシュ系ジャンルを築き始めていると思っています。

しかし、スマブラに関しては、それだけではない部分もあるので補足します。

まず「競技では1vs1がメインであること」。これに関しては、あくまでも“ルールの一つ”であって、“作品”としては多人数同時対戦を基本としていることが、格闘ゲーム(ジャンル)とは少し異なります。

次に「EVOでメインタイトルとなっていること」。世界最大級の格闘ゲーム大会のタイトルとして選ばれているというのは大きな理由になりそうです。が、EVOのスマブラは、EVO 2013のユーザー投票で選ばれてから定着し始めたもので、近年まで格ゲー大会とスマブラ特化の大会(Apex、SSC、Genesis等)は分かれており、歴史的には別ジャンル扱いだったと考えられます。

最後に「1作品で1ジャンルと張り合うぐらい桁違いな作品人気があること」。スマブラは「任天堂の(またはそれを越えた)オールスター作品」という大きな顔も持っています。もし、1作品として同等に扱った場合、印象としては“スマブラチェッカー”というサイトになると思います。

ですので、スマブラに関しては、親和性の高さを認識しつつも、他の作品と同等に扱うのは現実的ではないと考えています。

ここからは未来の話になってしまいますが、利用者がそれぞれでスマブラの各種表示のオンオフを選べるようにする、またはスマッシュ系の単独のページやそれこそスマッシュチェッカーサイトを設ける、といったことができれば色々と解決するのではと考えています(別の作業中なのでちょっと先になりそうですが)。

以上となります。これらは、あくまでも現時点での考えです。格ゲーチェッカーで扱う内容は、格ゲーチェッカー運営の一存よりも、できるだけ皆さんの意見に沿ったものであるべきと考えています。上記の内容に限らず、ご意見があればぜひお知らせください。

もし、追加のご質問等あれば、この書き込みの返信ボタンからお願いします。
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
4
2020年11月30日 01:29 ID:U7pDF.EC [X]
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
格ゲーの定義は人それぞれで、永遠のテーマですが
当サイトではスマブラは扱い、ガンダムvsは扱わないのは
後者は格ゲー外の作品という認識ですか?

素晴らしいサイトの管理運営ありがとうございます。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私は、質問した方とは異なりますがコメントさせていただきます。

「格闘ゲーム」の認識について、ほぼ同一の認識でした。
あとあるとすれば「格闘ゲームを中心にプレイしているプレイヤーが格闘ゲーム以外をプレイした時の扱い」についてでしょうか。
個人的には、少なくとも、配信一覧では扱っていただけるとうれしく思います。(現状、そうなっていると思いますが)
理由は、プレイヤーの魅力は格ゲーコミュニティの魅力の大きな部分を占めていること、また、その日の配信でどのゲーム(ゲーム以外を配信する場合もありますが)を配信するかはわからないこと、の2点です。

これからも格ゲー、そして格ゲーチェッカーが末長く続きますよう、お祈りしております。

以下、格ゲーチェッカーサイトによるコメントです:
(12/1更新) ありがとうございます。答えとしては、仰られているほぼそのままの内容で、「格闘ゲーム以外のゲームプレイも扱いたい」と考えています。詳しくはコメント3番さんへの回答と近い部分があるのでご参照いただけますでしょうか。
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
5
2020年12月1日 23:51 ID:fdVRFE.O [X]
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
素晴らしいサイトの管理運営ありがとうございます。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私は、質問した方とは異なりますがコメントさせていただきます。

「格闘ゲーム」の認識について、ほぼ同一の認識でした。
あとあるとすれば「格闘ゲームを中心にプレイしているプレイヤーが格闘ゲーム以外をプレイした時の扱い」についてでしょうか。
個人的には、少なくとも、配信一覧では扱っていただけるとうれしく思います。(現状、そうなっていると思いますが)
理由は、プレイヤーの魅力は格ゲーコミュニティの魅力の大きな部分を占めていること、また、その日の配信でどのゲーム(ゲーム以外を配信する場合もありますが)を配信するかはわからないこと、の2点です。

これからも格ゲー、そして格ゲーチェッカーが末長く続きますよう、お祈りしております。

ご回答ありがとうございました。
様々なビジョンをお持ちのようで、これからの展開が楽しみです。

以下、格ゲーチェッカーサイトによるコメントです:
(12/4更新) ありがとうございます!
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
7
2020年12月3日 23:17 ID:aQk0DRQm [X]
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
格ゲーの定義は人それぞれで、永遠のテーマですが
当サイトではスマブラは扱い、ガンダムvsは扱わないのは
後者は格ゲー外の作品という認識ですか?

マゴさんやかずのこのさんがガンダムをやってるのに、他のガンダムの有名人が一切掲載されていないのは違和感がありますよね。
今度の大会で上位に入るプレイヤーの配信を見たいと思っても、チェッカーに載ってないといつやっているのか分かりにくいから載せて欲しいです。

以下、格ゲーチェッカーサイトによるコメントです:
(12/4更新) ありがとうございます。

まず、ガンダムVSという作品自体については、コメント2番さんへの回答に書いた通り、格ゲーチェッカーサイトで言う所の「格闘ゲーム」には含まないと考えています。

その上で、「格ゲープレイヤーが(格ゲー以外の)○○という作品をプレイしているから、○○の有名プレイヤーも掲載する」と考えると、利便性としてはアリだと思いますが、格ゲーチェッカーというサイトの範疇からは遠ざかってしまいますし、正直キリが無いので難しい所があります。申し訳ありません。逆に、格ゲーチェッカーで扱うべきという理由があれば伺ってみたいです。
※このコメントはあなたが非表示IDに設定しています。 [再表示]
名無しのちえつかさん
1
2020年11月24日 20:14 ID:BTfWa4ue [X]

配信注目度ランキングは何を基準にランク付けしているのですか?
ただスト5プレイヤーが上位にいるだけのような気がしますが

以下、格ゲーチェッカーサイトによるコメントです:
(11/25更新) 一番乗りありがとうございます。

配信注目度ランキングの基準は、配信の視聴者数とは全く関係無く、「格ゲーチェッカーサイトから、どれぐらいの速度で人が見に行っているか」というものになります。速度については、簡単に言えば例えば、10分辺り何人が見に行ったか、という考え方です(正確な計算方法とは少し異なります)。

なぜそのような仕組みにしたのかというと、配信視聴者数と格闘ゲームプレイヤーからの注目度は必ずしも一致するものではないことと、(以前基準にしていた)単なるクリック数では長時間の配信が有利になり過ぎてしまうためです。

仕組みは一律なので、特定の作品やプレイヤーが優先されるような仕組みではもちろんありません。ただ、サイト的に現在スト5プレイヤーからの利用が多いのは間違いないので、仰られるような傾向は出てしまっていると思います。

以上となります。サイトヘルプページにも上記の内容を追記予定です。

もし、追加のご質問等あれば、この書き込みの「返信する」ボタンからお願いします。


▲ページ先頭へ▲