格ゲーチェッカー

対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報をお届け。ゲームセンターやeスポーツ、プロゲーマーも応援しています。
2021年9月11日
ツイッター反応

『鉄拳7』弦・Rangchu・Pinyaが、シーズン4キャラランクを公開。フェン、デビル仁、リディア辺り注目か

img

ゲーミングチーム・DONUTS USG所属の選手・Rangchu選手・Pinya選手の3名が、『鉄拳7シーズン4キャラランクを公開しています。キャラランクとは、そのプレイヤーが考えるキャラクター評価の順にランク付けを行ったもの。

DONUTS USGは2021年4月に鉄拳部門を設立。メンバーはそれぞれ、EVO 2021 Onlineのアジア-東地域で優勝するなど現在国内で最も結果を残しているだろう弦選手、世界大会・鉄拳ワールドツアー2018王者のRangchu選手、TOPANGAリーグではT1リーグへ勝ち上がる活躍をみせているPinya選手、というトッププレイヤーたち3名。TEKKEN Online Challenge 2021のポイントランキングでも、2021/9/11時点で、3名ともに5位以内へランク入りしています。

作品側の『鉄拳7』は現在、2021年3月に新キャラクターの「リディア」が参戦、2021年5月に一部キャラクターへの技調整を含むVer.4.20アップデートが行われた段階。

弦・Rangchu・Pinya シーズン4キャラランク(2021年9月8日時点)

・S:デビル仁、リディア
・A+:リロイ、ギース、ファーカムラム、仁、スティーブ、豪鬼、一八、マスターレイヴン、ジュリア
・A:マードック、ボブ、ブライアン、ポール、ファラン、フェン、巌竜、キング、ロウ、シャヒーン、州光、ザフィーナ、シャオユウ、ドラグノフ、ニーガン
・B+:リー、アーマーキング、ノクティス、一美、アリサ、ミゲル、ジョシー、ラース、エリザ、レイ、平八、アンナ、ニーナ、クラウディオ、吉光、リリ、ギガース
・B:ジャック7、カタリーナ、ラッキークロエ、エディ
・C:レオ、飛鳥、クマ、パンダ

※左右の違いもありとのこと。

それぞれ最近の主な使用キャラクターは、弦選手が「リディア」、Rangchu選手が「ジュリア」、Pinya選手が「マスターレイヴン」など。直接比べられるものではありませんが、昨年シーズン3のチクリン選手キャラランクと比べると、「フェン」、「デビル仁」あたりが目立って上位に上って来ているほか、その時には居なかった「リディア」も注目のキャラクターとなりそうです。

告知等
関連記事
シェア:
ソース:
Rangchu選手ツイッター
関連記事:

※こちらの記事はコメント欄をオフに設定しています。詳しくはこちら

動画情報

[?] [ 24h / 新着 / ピック / 再生 ]

動画情報はこちら

動画情報

[?] [ 24h / 新着 / ピック / 再生 ]

動画情報はこちら


▲ページ先頭へ▲