格ゲーチェッカー

対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報をお届け。ゲームセンターやeスポーツ、プロゲーマーも応援しています。
2018年2月20日
12コメントを見る 別窓 ツイッター反応

『スト5AE』カプコンプロツアー2018 概要

img

カプコンが20日、「カプコンプロツアー2018(Capcom Pro Tour 2018/CPT2018)」の詳細を発表。以下はカプコンUSA発表日本カプコン発表の内容をまとめたものです。

カプコンプロツアーは一年を通して開催されるポイント制の大会群の総称。プレイヤーは世界各地で開かれるカプコンプロツアー認定の大会にて結果を残し、年末に開催される世界決勝大会「Capcom Cup(カプコンカップ)」出場を目指します。

カプコンプロツアー2018は前年に引き続き、賞金総額60万ドル(約6千万円)超。カプコンカップには昨年度優勝者(MenaRD選手)、最終予選優勝者、各地域決勝優勝者、グローバルポイント順位上位選手の全部で32名が出場し、年間優勝者を決定します。

※2/21追記:日本カプコン発表を元に更新。「地区→地域」等一部文言をあわせました。詳細発表後、改めて更新予定です。

※カプコンプロツアー2018関連サイト内リンク: 関連記事 / ポイント順位表 / 日程・結果 / 概要

大会概要

PV
日程

2018年3月16日~2018年12月

大会種目

ストリートファイター5アーケードエディション

賞金

60万ドル(約6千万円)以上 ※カプコンプロツアー全体の賞金総額

カプコンカップ出場枠
  • 前年度カプコンカップ優勝者枠:1枠(MenaRD選手)
  • カプコンカップ最終予選枠:1枠
  • グローバルポイント順位上位選手枠:30枠

合計32枠。

※日本カプコン発表の画像では地域決勝大会優勝者ごと「グローバルポイント順位(30名)」とまとめられていることから、昨年同様、「基本的にはポイント上位30名で、もし地域決勝優勝者がポイントで届かない場合は、例外でグローバルポイント順位枠の1枠を地域決勝優勝者に譲る」という形式になりそうです。

ポイント順位表種別
グローバルポイント順位表

世界共通の順位。グローバルポイントが反映。最終的なグローバールポイント順位上位選手は、カプコンカップへ出場できる。

地域ランキングポイント順位表

北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジアの地域別に用意される順位表。地域ランキングポイントが反映。最終的な地域ランキングポイント順位上位選手は、地域決勝へ出場できる。

イベント種別
EVO

アメリカで開催される世界最大級の格闘ゲーム大会。グローバルポイントのみ得られる。付与されるポイントや人数は特別に最も多く設定されている。

プレミアイベント

カプコンプロツアーの中でグレードの高い大会。グローバルポイントのみ得られる。付与されるポイントや人数が多く設定されている。今年は14イベント予定。

地域ランキングイベント

地域別に行われる大会。グローバルポイントと地域ランキングポイントを両方得られる。ただし、該当地域の選手でない場合はグローバルポイントのみ付与。

オンラインイベント

各地域4回のオンライン大会を予定。得られるポイントは地域ランキングイベントと同じ。※例年通りであれば大会毎にも地域制限あり。

地域決勝イベント

地域決勝イベントでは、今年からの「地域オープンプレミア」と、「地域決勝」の2つのイベントが続けて行われる。

  • 地域オープンプレミア:イベント初日に開催。グローバルポイントや賞金がかかった、どの地域のプレイヤーでも参加可能な大会。該当地域の選手は地域ランキングポイントも得られる。 ※5/3追記:ポイント配分は、こちらの動画(10分辺り)より、グローバルポイントはプレミアの、地域ランキングポイントは地域ランキングの配分とみられます(例:該当地域の選手が優勝した場合、グローバルポイントに700pt、地域ランキングポイントに150ptが足される)。念の為、引き続き要確認でお願いします。
  • 地域決勝:地域オープンプレミアの結果も入れた最終的な地域ランキングポイント順位の上位8名が出場できる大会(つまり、該当地域の選手のみの大会)。優勝者はカプコンカップ出場権を獲得。もし優勝者が既にカプコンカップ出場資格を獲得していた場合、次位への繰り下がりは無く、最終的なグローバルポイント順位から該当地域の上位選手に資格が与えられる。※要確認。
ポイント配分

順位に応じて得られるポイントは以下の通り:

img

順位 Top EVO 対前年差 プレミア 対前年差 地域ランキング 対前年差
1位 Top1 1750 +750 700 +300 150 -10
2位 Top2 850 +150 270 +20 70 -30
3位 Top3 450 -50 200 40 -30
4位 Top4 400 160 20 -20
5位タイ Top6 350 +30 130 10 -10
7位タイ Top8 270 +20 100 1 -9
9位タイ Top12 200 70 -5
13位タイ Top16 160 40 -1
17位タイ Top24 130 20
25位タイ Top32 100 10
33位タイ Top48 70 1 -4
49位タイ Top64 40 -1
65位タイ Top96 20
97位タイ Top128 10
129位タイ Top192 1 -4
193位タイ Top256 -1
ポイント総計 10754 +630 2486 +240 302 -152

昨年に比べてEVOとプレミアは上位のポイントが増加、下位のポイントと付与される人数が減少。地域ランキングは全体的なポイントと付与される人数が減少している。

大会スケジュール

※スケジュールは別途こちらに掲載しました。

関連URL


もし内容に誤りなどあればご指摘ください。形式は基本的に昨年同様ですが、付与されるポイントと地域決勝イベントに変化があるようです。


シェア:
ソース:
Capcom Pro Tour | Street Fighter V World Tournament Circuit
関連記事:


コメントする

名前:

コメント:

コメント欄のガイドライン

名無しのちえつかさん
12 ID:Ez7ey3Im

地域決勝の前日に参加制限無しの地域プレミアあるのはいいな
去年のSEAM2017とか良い大会なのにアジア地区決勝だから他地域の選手出れなかったし

名無しのちえつかさん
9 ID:xDneW4Tq

去年のルールだと優勝の価値が下がってたから優勝者のポイント増加はいい変更だと思う。
あとEVOは優勝であれだけポイントもらえるならもう出場確定つけてもいいんじゃないかな。

名無しのちえつかさん
8 ID:mkeOI1Gi

WHEN’S MAHVEL???

名無しのちえつかさん
11 ID:1vzPNRX6
名無しのちえつかさん
WHEN’S MAHVEL???

Never

名無しのちえつかさん
7 ID:/bAPqntG

地域決勝のオープン部分は「プレミア配点」のランキング大会だと思えばいいのでは。
地域Top8取りたい人はそこで逆転を狙うし、単純にGPが欲しい遠征勢がプレミア相当のポイントを取りに来てもいい。(ただし優勝しても翌日の地域Top8には出れませんと)
問題になるケースとしては「それまで地域Top8に入っていて会場に行ってオープン部分にも参加したけど他の人に逆転されて決勝には出れませんでした」かな。そこはまあ逆転したほうが偉いという話なのでは。

名無しのちえつかさん
5 ID:DDDX2MLy

地域決勝前のプレミアオープントナメがよくわからん
プレミアって付いてるんだからもらえるポイントはグローバルポイントなんだろうけど(該当地区の場合は)地区ポイントってのが意味不明
通常グローバルポイントは地区ポイントと関係ないからなー
それと地域決勝も前日まで出場者が確定しないなら去年みたいに旅費滞在費は出してくれないってことだよねー
プレミアオープンが終わって結果的に地区ランキング8位以内になっても地域決勝の場に居ないし行けないって問題が出てきそう

名無しのちえつかさん
4 ID:DNMG2SRu

前回650ラインで出場決定だったから優勝一発OK牧場になるかな?

名無しのちえつかさん
10 ID:1vzPNRX6
名無しのちえつかさん
前回650ラインで出場決定だったから優勝一発OK牧場になるかな?

終盤辺りに750pt〜800ptぐらいになってたから何とも言えない

名無しのちえつかさん
3 ID:CZ9nOoX2

前年に比べると優勝の価値が上がったわけだ
EVOはもちろんプレミア優勝でもほぼ本戦出場できそう

名無しのちえつかさん
1 ID:ZNSj4paO

相変わらず全く無意味な1Pまだあるのか…

名無しのちえつかさん
2 ID:iffIVG8e
名無しのちえつかさん
相変わらず全く無意味な1Pまだあるのか…

1P重要でしょ
もしスト5におけるプロライセンスの基準が今後も一緒なら1Pでライセンス資格獲得もありえるんじゃない?

名無しのちえつかさん
6 ID:Mq.No0aG
名無しのちえつかさん
相変わらず全く無意味な1Pまだあるのか…

足切りボーダーで同ポイントが沢山出ないようにするためらしい

コメントする

名前:

コメント:

コメント欄のガイドライン


▲ページ先頭へ▲